1. HOME
  2. 新機能紹介

新機能紹介

V-Ray VR出力機能 (オプション)

新機能

「V-Ray VR(バーチャルリアリティ)出力機能」では、Walk in homeにて入力した建物の情報を元に、Unreal Engine4 向けデータに変換して出力します。対応ヘッドマウントディスプレイ(頭部に装着するディスプレイ装置)にて、V-Ray画像によるリアリスティックなVR体験を可能にします。また通常のPCディスプレイでの同時観覧も可能です。
(※ご利用の際は、V-Rayオプションが必要です。)

積算機能

機能強化

■部分壁(積算用)の追加

積算専用の部分壁要素「部分壁(積算)」を30タイプ追加しました。パースに表示したくないが、壁面積の積算を取りたい場合等に使用できます。

■室内階段の積算項目を追加

室内階段の積算数量について「部屋(個別詳細)」に以下の項目を追加しました。
・室内階段 ・室内階段平面面積 ・室内階段笠木長さ ・室内階段手摺子箇所数
・室内階段手摺子長さ合計 ・室内階段手摺子エルボー数
・室内階段登りきり段数 ・室内階段直進段数
・室内階段曲り段数 ・室内階段踊場段数

■屋根、パラペット関連の積算項目を追加

片棟長さ、外壁接触辺、外壁接触辺長さの3項目について各階毎の積算項目を追加しました。また、パラペット部分に接触している軒先長さ、及び破風長さの積算項目を追加しました。

■ポーチ、土間、テラスの基礎と接触している部分の面積を積算項目に追加

■桁より上の部分にあたる外壁仕上げ面積を積算項目に追加

切妻や片流れ屋根での桁上部分の外壁面積を追加しました。総仕上面積と1F~5Fまでの各階毎の仕上面積を確認できます。

■積算要素の改善

○積算種別数の追加
 積算種別を20まで選択出来るように追加しました。
○積算個数の機能拡張
 「入力方法」「形状」「直径」、「枠線の設定」及び「色設定」を追加。
○積算線分の機能拡張
 「入力方法」「幅」、「枠線の設定」及び「色設定」を追加。
○積算面積の機能拡張
 「枠線の設定」及び「色設定」と「対角線」を追加。

■軸組パース表現の改善[プロフェッショナル版]

○間柱のパース表現追加  軸組パースにおいて間柱の3D表現に対応しました。木拾い一覧表に間柱を拾うようにしました。
○窓台、窓まぐさの追加建具の開口位置に窓台/窓まぐさが生成されるようにしました。木拾い一覧表に窓台/窓まぐさが拾われるようにしました。

■基礎の名称設定追加[プロフェッショナル版]

基礎のプロパティに名称の入力とハンチ引出線の表示を出来るようにしました。基礎の名称やハンチ引出線を簡単に設定できます。

■展開図の輪郭線(断面線)の線種/ペン番号/出力レイヤーの設定

(マスター)項目を追加
[プロフェッショナル版]

 

プレゼン機能

機能強化

■折戸2枚(内部建具)の平面表現を追加

建具に折戸2枚の表現を変更出来る設定を追加しました。平面内部の折戸のみの設定となります。

■小端立て要素の追加

3D表示要素として外壁タイル貼り等で「小端立て」(自動生成)を追加しました。小端立ての高さを設定し、自動生成すると外壁面上に小端立てが生成されます。(小端立ての長さも積算します)

■積算要素をプレゼンボードの出力項目に追加

プレゼンボードの出力タブに「積算」を追加しました。これにより、積算レイヤーで入力した積算要素の内容を出力する事ができます。積算種別毎に出力の設定ができます。